どんな状態の重機・建機でも高額買取り出来ます。

低年式から過走行まで高額額買取り出来ます。

錆や傷がある重機・建機でも高額額買取り出来ます。

中古重機/建機の買取業者

買取業者を利用するメリット

利点

  • 面倒な手続きの無料代行
  • 相場よりも高い買取額
  • 即日売却も可能

重機の買取をお考えの方は、こちらに掲載中の買取業者をご利用ください。

相場の確認をすることも出来ますし、売却時の面倒な手続きも行ってもらえます。

また、全国各地に支店を持っている業者もあるので、出張買取・査定を行ってもらうことも出来ます。

どこに重機を売ろうか悩んでいる・考えているという方は、ぜひご検討下さい。車両が錆びついていたり、動かない重機でも値段が付くこともありえます。

メーカーを利用するデメリット

欠点

  • 安い買取額・査定額
  • 売れない建設機械もある
  • 費用・出張費用が掛かる場合も

買取業者では、手続きの代行費用や、出張査定の費用などが無料である場合が多いですが、メーカーでは費用が掛かることがあります。

また、買取業者と比較すると、比較的相場よりも安い買取額であることが多いです。

信用面などをみると、メーカーの方が安心できますが、より高く売りたいと考えている方は、あまりメーカーはおすすめできません。

買取業者のいい点・メーカーのいい点を比較検討し、売却する業者を選んで見てください。

同じ重機でも買取業者によって変わる

買取業者によって違う査定金額

売却しようとお考えのその重機。

様々な買取業者に見積もりを取っていますか?

同じ重機・建機でも買取業者によって買取金額は驚くほど違うことをご存知でしょうか。

1社だけにお願いするのではなく、比較検討したことにより25万円も高く売れたなんてことも頻繁にあります。

少しでも高く売りたいとお考えの方はとっても便利な『重機の買取王』をご利用下さい。

当サイトが厳選した、安心できる買取業者のみから見積もり比較ができます。

誰もが知ってる一流の買取業者から全国から厳選した納得の専門業者まで、幅広く重機の査定額を見積もることができます。

どの重機でも売却できる

大型重機から小型重機まで買取可能

ユンボのような大型建機から、フォークリフトのような小型建機まで、『重機の買取王』に掲載している業者なら対応しています。

フォークリフトやロードローラーだと友人に売却してしまう場合が多いですが、友人だとそれほど高く売れませんよね?

友達価格と言うように、相場よりも安く売ることとなってしまい、最終的には損をしてしまいます。

しかし、専門の買取業者・売却業者へ査定依頼することで、思ってもいない買取金額が出ることも…。

名義変更や廃車手続き、ナンバープレートなどの面倒くさい手続きも業者側が行ってくれるので楽チンです。完了した際に連絡してもらうことも出来るので安心です。

建設機械を売却しようとお考えの方はぜひ『重機の買取王』をご利用下さい。

重機の新車価格や買取相場

新車価格と買取相場の一例

現在、販売されている重機は、様々なものがあります。

ユンボやミニショベル、フォークリフト等の新車価格や買取相場を一覧にまとめてみました。もちろん、建機の年式や型式、稼働時間などにより買取価格は変動しますが、参考までにどうぞ。

機種 新車価格 買取相場
ユンボ 740万円 350万円
ミニショベル 250万円 180万円
ホイールローダー 1200万円 700万円
ブルドーザー 3000万円 1500万円
ロードローラー 400万円 230万円
フォークリフト 130万円 90万円
機種 新車価格 買取相場

おすすめの中古重機・建機買取業者

トラック買取.com

トラック・重機の買取専門【トラック買取.com】

  • 完全無料出張査定
  • 買取金額、買取台数無制限!
  • 即日現金買取り金額も無制限!

重機を高額買取りできる理由

重機生産台数は日本で20万台

現在、日本国内での建設機械は20万台も生産されています。

よく使われる重機・建機のみで20万台あるので、他の建設機械を含めるともっと多くの車両が日本全国で活躍しています。。

また重機の寿命は10年近くになるので、国内に流通している重機・建機は200万台近くあることになります。

これらが中古重機として売却されたあとは、海外へ輸出される他に、修理して販売されることもあります。

「持っている中古重機を少しでも高く売りたい」

これは誰もが思うことですが、どこに売ったら高く買取ってもらえるのか…。

答えは、簡単『重機の買取王』に掲載中の買取業者をご利用下さい!

厳選された重機の買取業者

厳選された買取業者

「重機の買取王」では、重機の高額買取りを掲げ、サービス・対応が優れた買取業者を厳選して掲載しています。

誰もが知ってる一流の買取業者から全国から厳選した納得の専門業者まで、幅広く重機の査定額を見積もることができます。

初めてでもあなたも安心して重機を査定に出すことができます。

1分で出来る査定依頼

簡単!1分で出来る査定依頼

重機の年式や稼働時間、機種など簡単な情報を入力するだけで簡単に査定依頼を申し込むことが出来ます。

インターネットならではの365日24時間、あなたの好きなタイミングでOK!空いた時間に買取金額を調べることが可能!

専門スタッフが、重機の概算金額を素早く提示します。

複数の査定依頼もOK

複数申し込みもOK!

「重機の買取王」では、厳選された買取業者を複数掲載しています。そのため、複数の買取業者に査定を依頼して、競わせることも可能です。

重機を少しでも高く売りたい方は、複数の買取業者に査定依頼を出すことで、思ってもいない金額が出るかもしれません。

あなたの重機の真の価値を見出してくれる業者を探してみてはいかがでしょうか。

独自の販売ルート

独自の販売ルートを確立

重機の買取業者・売却業者のほどんとでは、独自の販売ルートを確立しています。

買い取った重機は輸出・解体されることが多いですが、 掲載している業者では、自社の整備工場で解体、海外への輸出ルートなどを確立。

コストを最小限に保ち、中間マージンを抑えているからこそ、買取金額に反映させることが出来ます。

【簡単な3ステップ】高額買取りの流れ

【簡単な3ステップ】高額買取りの流れ

重機の情報を入力

重機の年式・稼働時間、機種などの車両情報とお客様の名前・電話番号などの情報を入力して下さい。

簡単入力で、最短1分で入力完了します!

情報送信で査定完了

重機の情報とお客様情報が正しく入力されていれば、それで査定完了。

専門スタッフからのご連絡が行きますので、少々お待ち下さい。

複数業者に競わせる

複数業者に競わせたいという場合には、これを繰り返すだけ!

一番高く買い取ってもらえる業者を見つけましょう。

今すぐ査定する!

建設機械の輸出先

重機は、中国や香港を始め、アメリカやヨーロッパなどに輸出されています。

最近では、シンガポールやフィリピンといった東南アジアへの輸出も増えています。

重機を高く売ることが出来るのも、こういった輸出先があるからと言っても過言ではありません。

レンタル需要比率の推移

建設業界のほとんどでは、経営の合理化を計るために、重機を購入するのではなく、レンタルする事が増えています。

油圧ショベルやミニショベル、ロードローラーなどの締固め機械のほとんどがレンタル重機が使用されています。

重機を売る方の中には、レンタルに移行するという方も多いのではないでしょうか?

重機・建機買取の対応地域

都道府県

中古重機/建機買取情報

重機買取に必要な書類

重機買取に必要な書類

重機を売却する方が未成年の場合や名義が異なる場合等によって、必要になる書類が変わってきます。

買取業者には、必ず提出することになるので、前もって用意しておいた方が、スムーズに買取を進めることが出来ます。

「買取に必要な書類」ページへ

重機買取の流れ

中古重機買取の流れ

重機の買取を依頼するのが初めてという方は、まずはじめに、買取の流れ・フローを確認しましょう。

査定依頼をしたはいいものの、手間取ってしまっては時間がもったいないです。スムーズに進めましょう。

「重機買取の流れ」ページへ

重機の高額買取の時期

重機の高額買取の時期

重機が高額買取されやすい時期は、1月から3月と言われています。

この時期は、決算を意識して、早めに売却しようと言う方が多くなります。また、年度替わりに新しく購入を考えている方も増え需要が高まります。

「高額買取の時期」ページへ

重機の買取業者の選び方

重機の買取業者の選び方

基本的に、大手の業者が行っているサービスなのですが、小さい業者だと出張査定が有料のところもあります。

重機を売るときに、あまり費用を掛けたくない方がほとんどだと思いますが、出張査定で出張費を取られるのも…。

「買取業者の選び方」ページへ

高額買取りできる理由

高額買取りできる理由

重機の買取大手やオークション、販売店など、業者ごとに高額買取できる理由をまとめました。

重機・建機をどこに売却するか迷っている方は、こちらのページを参考にして見てください。

「高額買取りできる理由」ページへ

高額買取のコツ

高額買取りできる理由

重機のアタッチメントを用意することや、清掃をすることなど、重機を査定依頼する前に行ったほうが良いことや、コツなどをまとめました。

売却時に損をしないように、このページは見ておきましょう。

「高額買取のコツ」ページへ

Top
重機の買取王 トップページ