重機の買取王 フォークリフト用タイヤの種類や特徴

フォークリフト用タイヤの種類や特徴

フォークリフトのタイヤは一般的な自動車と比べると特殊ですが、一体どのような種類のタイヤがあるのでしょうか?

そこで今回は、フォークリフト用タイヤの種類や特徴についてまとめてみました。

【フォークリフト用タイヤの種類】

フォークリフトは大きく分けると「リーチ式」と「カウンター式」がありますが、フォークリフト用タイヤもこの2つに分かれます。

リーチ式フォークリフト

リーチ式フォークリフトは3種類のタイヤから構成されています。

ドライブタイヤ
後部の駆動輪で他のタイヤに比べて大きいのが特徴です。
キャスタータイヤ
後部の駆動輪の補助タイヤです。
ロードタイヤ
前部の左右についているタイヤです。

カウンター式タイヤ

カウンター式フォークリフトは、車と同じように前輪・後輪から成っており、タイヤの種類を選択できます。

エアタイヤ
中がチューブ状で、空気が入っているため軽く、クッション性があり、乗り心地に優れています。空気圧はトラック用の大型タイヤに匹敵しますが、パンクする可能性があります。
ノーパンクタイヤ
中がゴムでできているため重量がありますが、パンクしないので長持ちします。しかし、エアタイヤに比べると高価格になります。

【タイヤのサイズ】

フォークリフトは重量によって、様々なサイズがあります。また、メーカーによってはタイヤのホイールにも様々なサイズがあります。

タイヤのサイズはタイヤの側面に記載されており、サイズの表記の見方は以下のとおりです。

(例) 6.00-9/4.00

タイヤ幅 リム径 リム幅

単位:インチ

<< フォークリフト用タイヤの交換時期や費用 エンジンフォークリフトのメリットやデメリット >>

新着記事

重機/建設機械に関する記事

Top
重機の買取王 フォークリフト用タイヤの種類や特徴