重機の買取王 フォークリフトで構内走行する際のルールや規定

フォークリフトで構内走行する際のルールや規定

あなたが働いている現場は、フォークリフトを運転する際にルールが定められていますか?

一般的には、歩行者優先ですが、フォークリフト優先になっていませんか?

構内を走行する際のルールを定めた方が、事故などを減らすことができ、他の従業員との連携が取ることが出来ます。

そこで今回は、倉庫や構内でフォークリフトを運転する際のルールや規定についてまとめてみました。

基本的な構内運転ルール

  • 構内速度は10km以内
  • 走行時は必ずバック走行
  • 止まれ表示の場所は必ず停止
  • 倉庫の角、荷役中のトラックの横など、危険な場所では必ず安全確認

会社や現場によって、このような構内ルールがあるかと思います。

スピードを出し過ぎないようにするためや、急な飛び出しがある箇所では、止まって安全確認をするなど…。

どうでしょうか、一度は働いている現場の壁に貼ってるのを見たり、資料を目に通すように言われたことがあるのではないでしょうか。

構内運転ルールの例

また、このような構内ルールを見たことがない…という方、ここに構内運転のルールをまとめてみました。

もちろん、現場の指示が第一ですが、頭に入れておいても良いかと思います。

基本規則
  • 走らない
  • 業務外エリア立ち入り禁止
  • 携帯電話使用禁止
  • 撮影、録音機器使用禁止
  • パレット立て掛け禁止
  • 安全ベスト着用
  • 離席時のエンジン停止の徹底
  • 運転席での飲食禁止
車両走行
  • 走行制限速度:5km~10km
  • 一時停止の徹底
  • 安全掲示の徹底
  • 警備員の誘導に従う
駐停車
  • エンジン停止
  • 輪止めの使用

多くの人が行き交う現場では、一瞬の気の緩みが大きな事故を起こしてしまうことになります。

周りに人がいないか、荷崩れが起きないか、急に人が飛び出してこないかなど、注意する点は多くありますが、安全第一で作業を行いましょう。

<< 【フォークリフトの活用術】荷物の重さを測る荷重計とは フォークリフトで自賠責保険や任意保険の加入義務は? >>

新着記事

重機/建設機械に関する記事

Top
重機の買取王 フォークリフトで構内走行する際のルールや規定