重機の買取王 フォークリフトで自賠責保険や任意保険の加入義務は?

フォークリフトで自賠責保険や任意保険の加入義務は?

フォークリフトを新しく購入、導入する際に、保険のことを考えると思います。

その時に、少しでもコストを抑えたいとなったら、保険に加入にしないという方法も…。

しかし、自賠責保険や任意保険には加入義務はないのでしょうか?

そこで、フォークリフトの自賠責保険や任意保険の加入義務についてまとめました。

自賠責保険とは

自賠責保険は、「自動車損害賠償保障法」という法律で加入が義務付けられている、自動車やバイクの保険で、正式名称を「自動車損害賠償責任保険」といいます。

事故が起こった場合の被害者の救済が目的の保険で、最低限の補償は自賠責保険から受けることができます。

損害保険会社が取り扱う「自賠責保険」のほかに、全労済やJA共済などの共済組合が取り扱う「自賠責共済」がありますが、基本的に内容は同じです。

自賠責保険の特徴

  • 運転中に他人をケガさせたり、死亡させたりした場合の対人補償。(物損事故は対象外)
  • 加害者が加入している損害保険会社等に、被害者が直接、保険金を請求できる
  • 被害者が、当面の出費のために仮渡金を請求できる。

任意保険とは

一般に自動車保険といった場合、「任意保険」を意味します。

任意保険は、自動車事故において、

  • 「他人に対する損害賠償(賠償保険)」
  • 「クルマの搭乗者に対する補償(傷害保険)」
  • 「自分のクルマに対する補償(車両保険)」

の3つから成り立っています。

これに対して、自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)は、「他人に対する損害賠償(ケガや死亡)」について、死亡3,000万円、重度の後遺障害4,000万円、傷害120万円を準備するだけで、それ以外の補償については一切カバーしていません。

任意保険の特徴

任意保険を一言で説明すると、自賠責保険では補償されない部分を補う保険となります。

例えば、建物を壊してしまったが、自賠責保険の金額では払いきれない…。

そんな時に、任意保険に入っていれば、補償額を越える金額の補償などが可能となります。

フォークリフトの場合の加入義務

自動車の場合は、自賠責保険の加入は義務となっていますが、フォークリフトの場合はどうなんでしょうか?

フォークリフトの使用用途にもよって変わってきますが、構内のみで使用するもの、ナンバープレートが付いていないものに関しては自賠責保険の加入義務はありません。

ただ、公道を走るもの、ナンバープレートが付いているものに関しては、自賠責保険の加入義務が発生します。

これは、自動車損害賠償保障法5条で定められています。

自賠責保険を締結しなくてもよい自動車
自衛隊の自動車
アメリカ合衆国または国連の軍隊の自動車
道路以外の場所においてのみ使用する自動車(構内専用車など)

また、任意保険は、そもそも任意の保険であるため、加入義務はありません。

ただ、事故の可能性を考えると、自賠責保険、任意保険の加入は考えた方が良いでしょう。

企業の方針や費用の部分などがあると思いますが、入っておいた方が余計な心配事が増えないので良いのではないでしょうか?

<< フォークリフトで構内走行する際のルールや規定 フォークリフトのナンバープレート取得方法 >>

新着記事

重機/建設機械に関する記事

Top
重機の買取王 フォークリフトで自賠責保険や任意保険の加入義務は?