重機の買取王 標準パレットサイズの規格による違い(日本やアメリカなど)

標準パレットサイズの規格による違い(日本やアメリカなど)

荷役の際に重宝するパレットは、日本だけでなくアメリカや中国など海外でも使われています。

しかし、それぞれの国によってパレットサイズの規格が微妙に違ったりします。

一般的に、標準パレットサイズといえば、1100×1100がJIS規格で定められていますが、まだ統一できていないのが現状のようです。

そこで、各国で使われているパレットサイズや、それぞれの規格などをまとめてみました。

主要各国の国際コンテナ輸送用パレットサイズ一覧

国際規格ISO6780平パレット(1988年制定)

名称 寸法(mm) 許容偏差(mm)
ISO国際輸送用コンテナシリーズ1用 1140×1140 -40
ISO包装基本寸法600×400mmに基づくもの 1200×1000 -40
ISO包装基本寸法600×400mmに基づくもの 1200×800 -40
インチ制度国用 1219×1016 -40

日本(JIS規格)(1990年制定)

名称 寸法(mm) 許容偏差(mm)
Z 0601一貫輸送用木製平パレット 1100×1100 ±3

アメリカ

名称 寸法(mm) 許容偏差(mm)
48×40インチパレット 1219×1016 -

アメリカは、使い捨てパレットの利用率が高い地域でしたが、地球環境問題や限りある資源である木材の有効利用が求められ、パレットの補修・再利用化が図られています。

そのため、各国同様パレットを共同利用できるレンタル方式が見直され、シートパレットやスキーパレットといった平パレットとは異なる形状のパレットも多く使われています。

ヨーロッパ

名称 寸法(mm) 許容偏差(mm)
48×40インチパレット 1219×1016 -

1961年に欧州国際パレットプール機構が設立され、各国国鉄が運営主体となり、即時等枚数交換方式による一貫パレチゼーションが普及しました。

その後、補修費増大の問題などで、システムの見直しが図られて、管理費・補修費の掛からないレンタル方式が台頭してきました。

そのため、ヨーロッパでは、現在は交換方式とレンタル方式の2つのシステムが併用されています。

オーストラリア(1993年制定)

名称 寸法(mm) 許容偏差(mm)
標準規格AS4068 1165×1165 ±5
標準規格AS4068 1100×1100 +20

レンタル方式発祥の地といわれるオーストラリアでは、国内における99%以上のパレットが、1165×1165 mmのサイズに規格統一されています。

CHEP(Commonwealth Handling Equipment Pool)と呼ばれる世界最大のレンタルパレットプールシステム会社のパレットを用いて合理的に一貫パレチゼーションが運用されています。

韓国

名称 寸法(mm) 許容偏差(mm)
- 1100×1100 -

現在、約4000万枚のパレットが使用されており、今世紀初頭には、軽く1億枚を突破すると予想されています。

特に、韓国パレットプール(株)(通称:KPP)と政府が中心となって1100×1100 mm(通称:11型パレット)を利用したレンタル方式によるパレットプールシステムが普及しています。

台湾

名称 寸法(mm) 許容偏差(mm)
- 1100×1100 -
- 1200×1000 -

台湾では、中華ロジスティクス&レンタル(株)(通称:L&R;)が中心となってレンタル方式によるパレットプールシステムを推進しています。

また、ISO国際コンテナ保有台数で世界一を誇る海運会社「エヴァーグリーン社」を始め、コンテナの取り扱い数で世界的に有名な基隆港や高雄港などISO国際コンテナでの輸出入貨物が盛んです。

<< 荷役で使うパレットの材質による違い(木製・金属など) 荷役で使うパレットの形式一覧 >>

新着記事

重機/建設機械に関する記事

建機買取屋.com

重機・建機の買取専門【建機買取屋.com】

  • 完全無料出張査定
  • 買取金額、買取台数無制限!
  • 即日現金買取り金額も対応!

スポンサーサイト

PR

【簡単な3ステップ】高額買取りの流れ

【簡単な3ステップ】高額買取りの流れ

重機の情報を入力

重機の年式・稼働時間、機種などの車両情報とお客様の名前・電話番号などの情報を入力して下さい。

簡単入力で、最短1分で入力完了します!

情報送信で査定完了

重機の情報とお客様情報が正しく入力されていれば、それで査定完了。

専門スタッフからのご連絡が行きますので、少々お待ち下さい。

複数業者に競わせる

複数業者に競わせたいという場合には、これを繰り返すだけ!

一番高く買い取ってもらえる業者を見つけましょう。

今すぐ査定する!
Top
重機の買取王 標準パレットサイズの規格による違い(日本やアメリカなど)